不動産経営

周りの意見を聞くよりも、本質を捉えて理解すること

インターネット上でも正しいことや

間違った情報が、常に飛び交っています。

物事すべてに情報操作が多いということに

各人が気を付けて判断することが求められます。

周りの意見ばかり聞いて決断していると、

気が付いたときには大変な事態になっている場合もあります。 

 

 

ある物事を正しいのかどうか判断するためには、

物事の本質をとらえる必要性があるわけです。

どんなことでも最終的には自分で決断するわけですから、

誰にでも選択肢から自由に選ぶということができます。

 

その判断を正しく行う方法として、

周りの意見を参考にするのは良いのですが、

それが最終決定の材料となっては良くないのです。

分かりやすく表現すると、

人の意見が必ずしも正しいわけじゃない

と、きちんと理解することが大切です。

 

 

不動産投資という分野を例に出すと。

ざっくり、新築物件と中古物件というものがあります。

新築には新築の良さがあり、

中古には中古の良さがあるわけです。

反面、どちらにもデメリットがあり、

そのリスクの種類が異なります。

仮にそこで、

新築は危ない、騙される、買わない方が良い。

本質を考えて少し理解していれば、

そんなことは一概に言えないわけです。

逆のパターンも然りです。

 

車で、新車を購入すると損するからダメ。

中古車の方が良い。

・・・みたいな意見とほぼ変わりません。

どちらにも良い面悪い面がありますよね^^;

 

 

ネットビジネスの転売ビジネスで考えても、

海外仕入れはダメ、危ない、騙される。

これにも、海外仕入れのメリットデメリットの両面があります。

よく分からない国外業者からボラれることもあるわけですが、

仕入れ値が安く利益が確保しやすいということもあります。

 

別の側面からみると、

国内仕入れはダメ、利益が無い、ムダ。

利益がほとんどない、飽和しやすい、競合も多いという代わりに、

早い納期で安全に仕入れがしやすいということもあります。

 

もう少し広い視野のネットビジネスで考えると・・・

転売ビジネス、紹介ビジネス、、、

 

手法で考えても・・・

無料ブログ、サイト、メルマガ、SNS、、、

 

それぞれに良い面があり、悪い面もあるわけです。

 

正しい判断をするためには、この両面を知り、

本質を理解した上で、自分自身で決断することです。

そこに自分の【現在の(生活)環境】を重ね、

今の自分が持っている能力】を加えて

総合的に判断をすると間違った方向に進みづらいのです。

 

検索結果に引っかかりやすいからと、

最近では「批判(ネガティブ)手法」が増えています。

※昔からもありましたが・・・(苦笑)

 

ネットで情報収集することも大切ですが、

ネットに正しい情報なんてほぼ無い」程度で考えて、

自分で判断する能力を身につけた方が良いですね。

惑わされないよう、くれぐれもお気を付け下さい。

 

関連記事

  1. サイト構築

    LPを活用して収益サイトを加速させる方法

    年末に購入したLP作成ツールが大活躍しています。本日はランディ…

  2. リアルビジネス

    辰巳天井、午尻下がり

    チャンスを掴める人間と掴めない人間がいます。あるいは、全くそれ…

  3. 考え方・マインド

    ネットビジネスで優先して身につけるべき2つの能力

    年末年始を贅沢に楽しもうと思ったら、今から10月までが勝負どころに…

  4. 不動産経営

    こんな業者は選んじゃダメ、不動産業者の選び方

    資金を貯めて将来的に不動産経営に取り組んでみたい人もいるかと思…

  5. 成長

    新しい知識はどんどん入れたほうが良い理由

    自己の向上のために勉強しようとしていることが、まるで悪いことか…

  6. 営業日誌

    鷺と鴨の関係性について

    最近はサイトの順位があーだこーだと騒がしいので、リスクとリター…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 







  1. マーケティング

    「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」
  2. 営業日誌

    不得意な分野は極力避ける
  3. 営業日誌

    今週のレポート大賞
  4. プライベート

    看護師さんに・・・会ってきました。
  5. コミュニケーション

    ビジネス業界で成功する「交渉力」について
PAGE TOP