不動産経営とネットビジネスを融合した新しい世界-ユナイト|メルマガバックナンバー

「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」

a0001_011518_m_mini

さて、本日の本題です。

「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」

 

ある日、仕事前に朝食を食べようと思います。

目の前にある、3種類から選べます。

・パン
・ごはん
・うどん

さて、どれにしますか?

 

例えば、
あなたがうどんを選んだとしましょう。

その動機から「好きだから」は外してください。
あと、「欲しかったから・・」もです。

 

多くの人が、「好き・欲しかった」
そのような理由で買うことがあります。

 

そのため、戦略を考えていくときに、
本質が見えなくなることがあります。

欲しいとか好きで理由を探ると、
その時点で思考がストップしてしまいます。

 

その奥にある「何か」が知りたいのです。

惹きつけられた「何か」です。

 

 

では、改めて「うどんなのですか?」
という答えに対して、
「ツルツルっと食べられるから」とします。

 

そこから「なぜ、ツルツルっと
食べられるうどんなのか?」を考えます。

 

そうすると「早く済ませられるから」
という本質が見えてくるようになります。

これが、購入するためのキーワードです。

 

これは、ニーズと呼ばれるものであって

「解決したい」という心理となります。

 

人は、解決したいと思うことがあります。

それを解決する手段として商品やサービスを選び、
「欲しい」と願い、購入します。

 

例えば、

「早く食事を済ませたい」⇒うどん
「ガッツリと食べたい」⇒ごはん
「職場で新聞を読みながら食べたい」⇒パン

などです。

 

 

これらは簡単にイメージできるでしょう。
初心者もここまでは出来ていると思います。

 

ここからが本番です。

「それをどう落とし込むか?」が大切です。

 

ネットビジネスのアフィリエイトだとして、
サイト作成に置き換えてみましょう。

 

簡単に3パターンが考えられます。

 

【1.朝食比較サイト】

●●の場合には、うどん。
▲▲の場合には、ごはん。
■■の場合には、パン。

 

【2.うどんレビューサイト】

「早く食事を済ませたい」⇒うどん
「二日酔いの翌朝に最適」⇒うどん
「消化の良い食事を」⇒うどん

 

【3.早く食事を済ませたい人サイト】

「うどんならツルツルっと食べれます」
「カロリーメイトなら片手でOK」
「ウイダーinゼリーで飲むコンディショニング」
「仙豆1粒で10日間は大丈夫!」

 

どのサイトが良いのでしょう?
全てのサイトが良いのでしょうか?

それとも、すべてのサイトがダメで、
ここには無いのでしょうか?

 

他に思い浮かばない場合は、
ちょっと危険かもしれません。

 

一つ言うと、
上記には出していませんが、
【ごはんガイド】的なものはダメです。

 

朝食も昼食も夕食もおやつ、
何でもかんでも扱うサイトですね。

個人規模ではやらない方が良いでしょう。

 

これらのニーズというものを理解して、

サイトをどう構築して展開させていくか?

当然、それだけで終わりではなく、

そのユーザーをどう集客していくか?

 

それらの答えはこちらにあります。
ご興味があればぜひご覧ください。

http://itwo.biz/story/

 

全くの初心者からはじめて、
収益が伸びてきたという人もいらっしゃいます。

 

人がお金というものを出すためには
ベネフィットを考えていく必要があり、

それはネット上のビジネスでも、
対面のリアルビジネスでも変わりません。

 

・ネット上だけ稼げている

・リアル店舗(ビジネス)だけ稼げている

 

もし、そのような状況なら、
非常にもったいないことをしています。

 

片方の世界しか成功できず、
ネットビジネスでは収益があるけど、
リアルビジネスでは全然ダメ・・・。

 

もし、そのような場合だとすれば、

既存フレーム上で収益を得ているだけにすぎず、

そのフレームが崩壊したら終了という

とてもリスクのある状態だと言えます。

 

いま、ネット上で収益を得ているなら、
既存フレーム上だけのビジネスではなく、
新しい枠組み形成に挑戦するチャンスです。

 

生活するには困らない状態ですので、
崩壊する前に準備しておく方が良いでしょう。

 

 

本日の本題の逆の側面から、

「なぜ、あなたからそれが売れたのか?」

「競合サイトに勝てている理由は何か?」

 

これが明確になって、強みであれば、
どんなビジネスに挑戦していく際にも、
応用できるのではないかと思います。

 


■この記事はまぐまぐ版メルマガからの一部抜粋です
つづきを読む場合は、下記フォームより購読してください。



 メールアドレス 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

マガジン購読

当サイトはまぐまぐメルマガのバックナンバーとして、一部の内容を公開しているものです。

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 メールアドレス 

 お名前(名字) 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

QLOOKアクセス解析