不動産経営とネットビジネスを融合した新しい世界-ユナイト|メルマガバックナンバー

モチベーションが下がってしまうという人へ

a0800_000430_m_mini

「モチベーションが上がらない」

「モチベーションが保てない」

 

そんな悩みの中で、ある会社では、

「モチベーションを上げろ!」と、

叱咤されることもあります。

 

モチベーションという言葉にすると、

簡単なようにも思えますが、意外と奥が深いものです。

モチベーションというのは、行動の動機であって、

それを調整したり維持するのは様々な要因があります。

 

こんなことを言うと、ある方面からお叱りが来そうですが、

「モチベーション!モチベーション!」と、

このワードが常に出るような会社は少し危険です。

 

いろいろな企業、アフィリエイターを見てきましたが、

モチベーションというものが自然と保たれていて、

向上できている人から、その言葉を聞くことが少ないです。

 

つまり、

モチベーションについていろいろ言っている環境にいる人、

モチベーションというワードが必要な仕事環境の人、

そういう多少危険?な環境や、良くない精神状態になっているときに、

このワードを良く見かける(耳にする)ような気がするのです。

 

じゃ、モチベーションについて語るのはやめます。

 

となると、話が終わってしまうので(笑)、

モチベーションに悩まされている人がいたら、

そもそもの意味を理解しておくことで、

解決のキッカケになればと思います。

 

 

モチベーションに対しては、

ほぼ外的要因内的要因があります。

大まかに、この元となる部分がグラついていると、

モチベーションというものに左右されやすくなります。

 

というのは、

例えば、内的要因でいうと・・・好奇心

何か好きで作業していることや取り組んでいることは、

内的な動機として非常に強いものです。

 

サイトを作る際に、デザイン構成が好きな人は、

テンプレートを考えて作業しているときは楽しいでしょうし、

画像作成が好きな人は、バナーを作るときは、

苦になることもなく取り組めるということです。

 

 

外的要因でいうと、

会社員としてやらされている状態では作業できても、

フリーになった途端に作業ができなくなるなどですね。

しかし、強制的に管理されるモチベーションほど弱いものは無く、

常にお尻を叩かなければいけない企業に育ちます。

 

つまり、共通していることは、

好奇心を持って、外的な目的を達成することが大事

ということになるわけです。

 

明確な目標を立てて、それをステップ化させること。

やりたいことや目指したいことが明確にイメージできていないと、

弱い動機づけになってしまうことが多いわけです。

 

どんなことがあっても、これをやりたい、目指したい!

と、いうことが強いモチベーションとなると思うのです。

 

日頃から耳にして、当たり前のことなのですが、

「はじめに目標を立てる」という言葉には、

モチベーションの維持を意味するということですね。

 

 

「5年後に●●!」

それを達成するために、「1年後には●●」と、

その目標に、期限(時間や日付)をいれていきます。

 

万が一、モチベーションというものに対して、

自分自身が弱くなりそうなら、目標を再確認して、

「そのために、今、私はこの作業をやっている」

と、迷いを打ち消すことにもなるわけです。

 

もし、モチベーションに悩んでいる人がいたら、

自分の未来年表(将来設計図)を作成して、

迷わないためのマップ(地図)を作っても良いと思います。

 

成功できるよう、願っています^^

 


■この記事はまぐまぐ版メルマガからの一部抜粋です
つづきを読む場合は、下記フォームより購読してください。



 メールアドレス 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

マガジン購読

当サイトはまぐまぐメルマガのバックナンバーとして、一部の内容を公開しているものです。

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 メールアドレス 

 お名前(名字) 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

PINGOO!
QLOOKアクセス解析