考え方・マインド

アフィリエイトビジネスは簡単に

アフィリエイトのビジネスモデルは非常に単純です。

そのため、思っているほど難しく考える必要もなく、

作業を複雑にすれば良いというものでもないです。

せっかく作業しているのですから、

努力を実にしていくことをした方が良いのです。

 

サポートやメッセージで寄せられる内容で気になることは、

アフィリエイトを難しく考えている人が多いことです。

 

何もそんなに難しく考えなくても良いのでは?

と、感じるわけです。

 

ビジネスモデルとしてはとても単純な仕組みです。

商品(プログラム)を欲している人に紹介する

 

探しものをしている人に対して、

解決するものを目の前に差し出すだけです。

これをあーだこーだと自分自身で作業を複雑化させて、

作業が増えるのに報酬が上がらないという悪循環です。

 

属性を絞ってアプローチしてアクセスを呼ぶ。

こういうのを利用したら、申し訳ないくらい超簡単。

→ http://itwo.biz/me/ambking.html

 

属性を絞ってアプローチすることもできるし、

アクセスなんてそれほど苦労せずに集めることができるわけです。

これだけアメブロが厳しくなっていても、

なぜ、いまだに利用する人が多いのか?を理解した方が早いです。

 

 

リサーチが好きな人や得意な人は、ライバルサイトが

どのように誘導しているかを盗めばいいんです。

「おっ、これはうまいな~」というブログは、

稼ぐ系ジャンル以外で誘導している人の方が参考になります。

リサーチしていればわかりますが、ひっそりといい思いをするために、

多くの人がアフィリ活動サイトと収益サイトはキッチリ分けてます。

稼ぐ系だと、目立ちすぎますからねw

 

 

いつの時代もビジネスの基本は同じです。

探しものをしている人に対して、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
解決するものを目の前に差し出すだけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

ニッチな分野だとアクセスが集めづらい・・・

王道の分野だと競合が激しい・・・

 

こんなことで躓いているのは、時間がもったいない。

属性も絞ってアプローチできて・・・

アクセスも呼べて、コミュニティも形成できる・・

 

欲している人たちの中に釣り糸を垂らすわけですから、

難しく考えることもないと思いますけどね。

【アメブロツール※無制限特別版】

→ http://itwo.biz/me/ambking.html

 

これを自分のノウハウとして仕組化してしまえば、

収益が出ないという状態にはならないはずです。

実際に私がそうでしたから。

 

関連記事

  1. 考え方・マインド

    ネットビジネスで優先して身につけるべき2つの能力

    年末年始を贅沢に楽しもうと思ったら、今から10月までが勝負どころに…

  2. 考え方・マインド

    取り組むビジネスに悩んだら・・・

    明日から消費税が5%から8%になりますね。その…

  3. 成長

    新しい知識はどんどん入れたほうが良い理由

    自己の向上のために勉強しようとしていることが、まるで悪いことか…

  4. 考え方・マインド

    提供しているサービスや商品にバイラル性を持たせるということ

    最近では、招待制というサービスが少なくなりましたが、昔はGメー…

  5. リアルビジネス

    その市場はきちんと見極めることができていますか?

    市場に対しての着目点、付加価値の提供によっていま取り組んでいる…

  6. 考え方・マインド

    一番欲しいものは何ですか?による成功事例

    「一番欲しいものは何ですか?」と聞かれて、あなたなら何と答えますか…


メルマガ

新着情報

  1. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  2. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  3. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  4. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…
  5. 無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えな…

マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 







  1. コミュニケーション

    ビジネスに使っている便利なサービス
  2. 営業日誌

    不得意な分野は極力避ける
  3. 成長

    利益効率を考えるようになったらステップアップのチャンス
  4. 営業日誌

    自分のスキルや経験を商品にするということ
  5. マーケティング

    スマホとパソコン利用比率の統計
PAGE TOP