考え方・マインド

提供しているサービスや商品にバイラル性を持たせるということ

a0002_003665_m_mini

最近では、招待制というサービスが少なくなりましたが、

昔はGメールが招待制で展開されていました。

レアな招待だと感じて、新規登録したことが

今では懐かしく感じられるわけです。

いまふと振り返ると、

そのGメールもマーケティング手法として、

招待制にしていたのですね。

 

 

Gメールを始めて利用したのは今から約10年前。

今では考えられないのですが、

当時のアカウント開設は招待制でした。

招待できる人数は50人だった記憶があります。

それまではヤフーメールを利用していたのですが、

メールの容量が多いから便利と言われ、

すぐに利用を開始しました。

mixiも当初は招待制でしたよね。

 

今となっては、あのGメール招待制が、

バイラルマーケティングとして

展開されていたことを理解できるのですが、

昔は招待制の理由なんて全く理解できず、

なぜ招待制なんだろう?と思っていたのです。

 

宣伝方法として有効なものの一つとして

「口コミ」というものがあります。

口コミによる広まりは非常に効果があります

 

このバイラル性を持たせることができれば、

今の自分のビジネスも爆発的に広がることもあるのです。

 

そのポイントは、3つ。

・価値がある

・メリット

・手軽さ

 

まず、それ自体に価値があること。

誰かに紹介するのに価値があることは当然で、

紹介する価値のあるものというのが前提です。

Gメールなら容量が多いだけでなく、

セキュリティも高いしチャットができたこと。

LINEやスカイプもそれ自体に価値があって、

紹介したくなるようなサービスなのです。

 

 

次に、メリットがあること。

メリットというのは、分かりやすく言うと

お金という場合もあるでしょう。

アフィリエイトなら、紹介料があります。

誰かに伝えることで自分のメリットとなることです。

 

LINEやスカイプの場合、

これはお金というメリットではなく

ネット回線を利用して通話が無料で行えることが

紹介する自分自身のメリットになるのです。

 

 

最後に手軽さ。

これは紹介自体が手軽にできるか?です。

Gメールの招待制は左サイドバーの下に、

招待リンクがあって、すぐに招待が可能でした。

サイトにソーシャルボタンを設置して、

ツイッター投稿やフェイスブックイイネが

投稿しやすくなっているのも

バイラルに大切な「手軽さ」の一つでしょう。

 

 

展開しているサービスにバイラル性を持たせることで、

予想以上の成果を得られることもあります。

自分のビジネスに対して、このバイラル性を

どのように組み合わせていくか?

考えても良いのではないかと思います。

 

関連記事

  1. 不動産経営

    周りの意見を聞くよりも、本質を捉えて理解すること

    インターネット上でも正しいことや間違った情報が、常に飛び交っていま…

  2. メルマガ構築

    無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えない理由

    無料レポートと呼ばれるものがあります。ノウハウやコツを…

  3. 考え方・マインド

    モチベーションが下がってしまうという人へ

    「モチベーションが上がらない」「モチベーションが保てない」…

  4. 考え方・マインド

    ネットビジネスで優先して身につけるべき2つの能力

    年末年始を贅沢に楽しもうと思ったら、今から10月までが勝負どころに…

  5. SNS

    どうしてもネタが続かない、ネタが枯れてしまうことは大きな問題じゃない。

    東京都内は朝から雪が積もっています。こんな天気だと、出…

  6. マーケティング

    相手が欲しいものを聞くだけ。

    「相手が欲しいと思っているものを、目の前に差し出せばモノは…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 







  1. マーケティング

    アイス・バケツ・チャレンジにみるスモール・ワールド現象
  2. サイト構築

    検索ワードを理解してサイトへお客さんを呼び込む
  3. サイト構築

    収益までの一部をマニュアル化するということ。
  4. マーケティング

    目の粗いザルに気付くこと
  5. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
PAGE TOP