マーケティング

ライバルが強い商材や商品と戦うにはどうしたら良いか。

a0002_003674_m_mini 

ライバルが強い商材や商品と戦うにはどうしたら良いか」

寄せられた質問の中から、こちらについての回答を共有します。

 

すでに市場に出ている商材や商品を紹介しているサイト、

その中でも強いサイトがあります。

検索でもよく引っかかる、内容も魅力的なサイトなどです。

 

自分のサイトが弱いなら、まともに戦っても「勝てません」

 

これはネットビジネスだけじゃなく、

リアルビジネスの企業でも共通していることです。

 

==========

弱い企業(サイト)が戦っていくには、

「スポットを絞ってアプローチする」

「自社の得意分野を押し出して戦う」

「他社との差別化を図る」

 

強い企業(サイト)が戦うためには、

「広いマーケットにアプローチする」

「集客・技術・サポートなど総合力で戦う」

「他社の差別化を封じる」

==========

 

これらは、ビジネス書やマーケット戦略書などにも

良く書かれている企業戦略常套手段となるものです。

 

言い回しは違うとしても、

ほぼ同じ意味合いだと思ってもらって構いません^^

 

インターネットビジネスでも同じようなことが言えます。

 

強い企業は資金もたくさんあるので、

広告宣伝費・人件費・開発費に費やせます。

 

つまりネット広告や外注費だけじゃなく、

新しい商材を購入してレビューしたり

新商品の入荷がどんどんできるということになります。

 

そして弱い企業やサイトが一番キツイのが、

強いサイトの「他社との差別化を封じる」戦略です。

 

あなたがやっと見つけた商品Aが売上げを上げたとしても、

強いサイトが同じ商品Aを取り扱いはじめたら、

一気にユーザーを持っていかれてしまいます。

 

弱いサイトの「他社との差別化を図る」方法も

強いサイトが「他社との差別化を封じる」で奪われます。

 

iPhone取り扱いなど携帯会社もそうですね^^;

料金プランも新しく打ち出した企業に対して、

どんどん被せて新料金プランも登場します。

 

コンビニ業界も同様ですね。

最近、大手が店内でコーヒーを販売するサービスを真似しました。

 

これらの場合、各社競合できるくらいの力の差なので、

差別化を封じられても新しいものが生まれますが、

力の差が大きく離れていると、とても太刀打ちできません。

 

例えば、

私のメルマガでBという商品を見つけて独占状態としても、

メルマガ部数20万部の超有名人が取り扱うと、

あっという間につぶされてしまいます・・(苦笑)

 

質問は、

「ライバルが強い商材や商品と戦うにはどうしたら良いか」

ですので、これを踏まえてどうするかということですね。

 

弱い企業やサイトの基本戦略である、

「スポットを絞ってアプローチする」

「自社の得意分野を押し出して戦う」

「他社との差別化を図る」

これを新規開拓することと継続することです。

 

裏ワザや甘い言葉に流されそうな誘惑は

たくさんありますが、裏ワザなんてほぼ無いです。

 

常に新しいマーケットを探したり、

他サイトにできないことに取り組んだり、

一つのことに集中して利益を上げる。

 

これに尽きます。

 

他にはないあなたのサイトを見るメリット。

記事の質や情報提供、コンテンツ内容も重要です。

差別化という点ではプレゼントを行うサイトもあります。

 

専門的な情報を扱ったり、

ユーザーや顧客を囲い込んだり、

弱いうちはあの手この手を使います。

 

サイト訪問者が増えてきたり、

利益が残るようになってきたら、

少しずつ広告費を使って大きいサイトに追いつくようにします。

 

常に新しい情報に対してのアンテナを張り、

新しいことにもチャレンジしていく必要があります。

 

ソフトバンクなんて非常に良い例です。

ドコモやauに肩を並べて一気に追い抜こうとしているのは、

iPhoneという分野をどこよりも早く扱って、

そのユーザーを獲得して囲っているんですから。

 

よく言われる先行者利益というやつですね。

 

強い企業のドコモが参入して封じようとしていますが、

ソフトバンクは先行者利益で得た利益で、

海外の携帯会社を回収し、今では世界3位の売上高です・・・。

 

あなたのサイトでも、ライバルサイトをチェックして、

 

差別化を図るにはどうしたら良いか?

サイトの得意分野をどう打ち出すか?

訪問ターゲットをどういう属性にするか?

 

これらを考えて勝つ方法を探っていきます。

 

逆にあなたのサイトがすでに強いなら、

急激に伸びているサイトの良い面を封じましょう。 

これが勝つ秘訣です^^

 

関連記事

  1. マーケティング

    アイス・バケツ・チャレンジにみるスモール・ワールド現象

    アイス・バケツ・チャレンジが、ものすごい勢いで広まりつつあります。…

  2. SNS

    YouTubeに投稿しても思ったほど反応がないと嘆くあなたへ

    知識を入れるために、時間を作って本を読んでます。いつで…

  3. マーケティング

    スマホとパソコン利用比率の統計

    日頃は東京で生活しているために、それ以外の生活動向において不透明なとこ…

  4. マーケティング

    「この好条件の物件を逃したら手に入りません」だけじゃ売れない。

    絶対数が少ないもの、または、ある一定の期間しか手に入ら…

  5. マーケティング

    「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」

    さて、本日の本題です。「なぜ、あなたはそれを買ったのか…

  6. マーケティング

    相手が欲しいものを聞くだけ。

    「相手が欲しいと思っているものを、目の前に差し出せばモノは…


メルマガ

新着情報

  1. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  2. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  3. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  4. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…
  5. 無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えな…

マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 







  1. マーケティング

    これはセコイ技ではなく、リサイクルです。
  2. 営業日誌

    アフィリエイターも例外ではない確定申告
  3. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
  4. サイト構築

    レスポンシブWebデザインで検索上位表示への影響は?
  5. 営業日誌

    不得意な分野は極力避ける
PAGE TOP