不動産経営とネットビジネスを融合した新しい世界-ユナイト|メルマガバックナンバー

「この好条件の物件を逃したら手に入りません」だけじゃ売れない。

顧客心理

絶対数が少ないもの、または、
ある一定の期間しか
手に入らないものに人間は弱いものです。

いわゆるレアものというやつです。

 

宝石という石ころも希少性が高いからこそ
価格が高いし、多くの女性が魅了されるわけです。

ネットビジネスにおいても同じです。
希少性や限定性がユーザーのクリックや成約を促します。

今ではカウントダウンタイマーも
簡単に設置できますし限定告知するのも簡単です。

 

しかし、稼げない人は
もう一歩足りないものがあります。

 

それは、理由づけ。

希少性には価値を高める意味合いがあります。

なぜ、数量や期間に限定があるのかを
明確に示すことがポイントです。

 

単に理由づけすればOKというわけではなく、
重要なのは、
価値をどこに置くかという本質の部分です。

キラキラと輝くから宝石の価値が高いわけではなく、
世界的に採れる数が少ないから価値が高いわけです。

「キラキラと輝きが凄いから数量限定」だと
ポイントがズレているのは理解できると思います。

 

例えば、
これは●●地方でしか生産されない
卵を使っているケーキなので数量限定。
ということです。

ネットビジネスでは、希少性に対する価値を
理解してもらうことで効果がグッと上がります。

 

どの業界のビジネスでも、
「今すぐ買う理由」は追及しないと売れません。

「この好条件の物件を逃したら手に入りません」
だけじゃ、売れない不動産営業マンということですね。

モノを売るとき、アフィリエイトするとき、
理詰めだけでは人は動かない。

「話はわかるけど、今はいらない」
これがお客さんの【本音】です。

それを解決する答えはこちらにあります。

 

ネット上では音声や映像などが増えてきたとはいえ、
今でも文字というテキスト表現が主流です。

実際に会って相手の目や耳に訴えかけるほうが、
どれだけ楽なことなのかということを、
ネットビジネスをやっていると実感します。

どちらにも共通して言えるのは、
顧客心理を理解していないとダメだってことです。

  • なぜ、人はモノを買うのか?
  • なぜ、お金を出して買わないのか?

これは会社のお金で、
支払うことに抵抗の少ない法人営業以外の、
【対個人】でのビジネスなら必須スキルです。

 

法人営業をしている人には申し訳ないですが、
法人・個人の両方とも営業経験がある中で意見をいうと、
比べ物にならないくらい法人営業の方がラクです。

明らかにメリットがあれば
契約が取れるのが法人営業ですが、
個人&個人事業主のように自分の財布の人は、
明らかなメリットだとしても買いません。

喜んで買ってもらうには、
顧客の心をグッと鷲掴みにすることです。
http://itwo.biz/story/

 

資産ウェブを作ってきた過程やノウハウのほか、
しっかりとビジネスに活かせることを話します。

間違っても、業界の裏話として誰かを罵ったり、
特定の商品を酷評したりするものではありませんので、
そういう期待をされている方はごめんなさい。

では、楽しみにしておいてください。

 


■この記事はまぐまぐ版メルマガからの一部抜粋です
つづきを読む場合は、下記フォームより購読してください。



 メールアドレス 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

マガジン購読

当サイトはまぐまぐメルマガのバックナンバーとして、一部の内容を公開しているものです。

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 メールアドレス 

 お名前(名字) 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

クリックで救える命がある。
QLOOKアクセス解析