営業日誌

自分のスキルや経験を商品にするということ

a0001_013635_m_mini

自分の持っているスキルや経験は、

それ自体が商品となります。

情報起業とは、主にそういうことですし、

情報商材業界に不信感がある人でも、

このような商品やサービスはたくさんあります。

 

ただ、情報やノウハウを売るだけが情報起業ではなく、

スキルを提供することも立派な仕事です。

 

コンサルティング業もそうだと言えます。

お店や事業の発展の手助けをするものです。

プロデュースするという表現の方が

わかりやすいかもしれません。

 

自分の持っているスキルを販売するということは、

服の修理、靴の修理なども同じとも考えられます。

 

情報やノウハウを提供することで対価を得る、

そう考えるなら、

英会話塾、学習塾、料理教室も同様でしょう。

 

誰しもが何かしらのスキルやノウハウがあります。

それを仕事(ビジネス)とするのか、しないのか。

それを、ビジネスとして形に変えることができる人が、

価値提供の対価としてお金を頂くことができます。

 

サービスの魅せ方、販売の仕方、広告の手法、

工夫とアイデア、実行力があれば、

誰もが事業主になることができるということですね^^

 

どんなことでもある程度可能です。

例えば、この時期に多い引越し。

 

運送会社で働いた経験がある人なら、

自分の軽トラで直接仕事を取ってくれば、

報酬も会社に引かれることなくそのままもらえます。

 

車が無い人は、レンタカーを借りても良いですし。

 

もし、あなたが今の仕事で、

あなた自身を見込まれて仕事を依頼してくれているのなら、

独立しても成功する可能性が高くなります。

 

たとえ今は、会社を通じていたとしても、

自分自身を見込まれるような仕事を心がけることで、

将来、独立するときに役立つことは間違いないです。

 

不動産の仕事をしていると年度が変わるこの時期は、

いろんな人生の分かれ道を見ることがあります。

4月から独立して事業を始めるという人も多いのです。

 

学校を卒業して社会人になる人もいるでしょうし、

地方から上京して東京に来る人もいます。

就職せずに独立という道を選ぶ人もいます。

会社を早期退職して、自分の城を持つ人もいます。

 

そんな人たちを見て、この時期はいつも

自分自身の気持ちを新たにする機会にもしています。

スケジュール手帳も1月始まりじゃなく、

4月始まりを利用しているのは、そういう理由からです。

 

 

本題に戻ります。

 

自分のスキルや経験は商品になります。

そしてそれを自覚すると充実した日々が送れます。

 

だから、「いま自分のスキルや経験を売りましょう」

ということが言いたいわけではなく、

「誰かが自分のスキルや経験を必要としてくれている」

と、心のどこかに留めておいてほしいのです。

 

 

スキルや経験を商品にして売り出すときに、

ダメなのはウソ課題表現だということですね。

「フェイスブックで1万人集客が可能!」

「LINEで1万人の人を呼べます!」

これは、今の私なら実現が難しいわけです。

苦手な分野ですし、日々勉強中です。

 

こう言ってお金という対価をもらって仕事を受けたら、

大炎上、大クレームの嵐になるでしょうね(苦笑)。

 

決して背伸びはせず、

自分の提供できるギリギリの限界まで、

最善を尽くすことが信頼を頂けるコツです。

 

この時期、新しくチャレンジしようとしている人は、

ぜひ、今の気持ちを大切にしてほしいと願います。

 

 

関連記事

  1. サイト構築

    タイピングスピードを上げると記事作成もラクになる?!

    数々の高額塾や教材、ノウハウが出回る中で”さすがにこの人には勝…

  2. 営業日誌

    仕事に対しては夢中になって、周りが見えなくなるくらい熱中するくらいがおもしろい

    熱中しているものがあると、時間の経過を忘れることがあります。い…

  3. 営業日誌

    2015年 新年あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。毎年恒例の箱根駅伝…

  4. 営業日誌

    意識が変われば行動が変わるという話

    なぜか夏の時期になるといつも商談がまとまります。不動産…

  5. 営業日誌

    今週のレポート大賞

    今週の気になったレポートです。教材を有料で購入するもの良いですが、…

  6. 営業日誌

    良い気づきを与えてくれるレポートは貴重

    無料レポートから気づきを得ることもありますが、その中で…


メルマガ

新着情報

  1. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  2. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  3. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  4. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…
  5. 無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えな…

マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 







  1. SNS

    コミュニティの形成という戦略
  2. サイト構築

    ドメイン更新時期が来たとき、どうするか?
  3. 営業日誌

    アフィリエイターも例外ではない確定申告
  4. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
  5. リアルビジネス

    東京オリンピック開催決定に便乗しない理由はない
PAGE TOP